2008年07月20日

ヴィクトリアのキチ・・・じゃないよ

久しぶりの交流会

「どうせ最近のシステムの持ちキャラないしいいやー」
と、出掛けにキャラファイルを置いて行ったら
結局TORGですってよ、奥さん!!

しかし、TORG卓へ行くのが確定すると周囲が口をそろえて
「キチピー出すの?」
と聞いてくるのは何なんでしょう?

隣の六門卓からも
「あれ?キチピーじゃないの?」
とか言われるのは何なんでしょう?

わたくし圧倒的にロケットレンジャーを使ってる回数が多くて
ヴィクトリアの狂人女は数えるほどしか
セッション出したことないんですけど!!


まあ言われてもファイル持って行ってなかったんで
迷うこともなく新キャラ作成



「狂人2人目?」

「いや、作らないから!!」




(こっから続き)

最終的にヒトデか体操のお兄さんかジプシーか迷って
結局ジプシー(の踊り子)
プレイの勘が鈍ってるのが怖くて無難な選択をしたけれど
無難すぎたんじゃないかとかしばらく悩んでみた


GM「やっぱりキチピーする?」

「しないってばよ!!」


・・・無難でいいや、うん



と、いうわけで舞台は東南アジア
最近大被害を出した大地震が
人為的なものっぽいということで
調査してなんとかできるなら何とかして欲しい、と
ヒーロー協会を通じて依頼された私たち

フライングヒーロー、ストリートパンク(だっけ?)、ロケットレンジャー、そして私

半数が空を飛べる編成だったために
現地にほど近いところで一般人の船員に待機してもらい
そっから先は海のど真ん中だってのに
一人が一人を抱えて飛ぶ移動手段をとることに

筋力の関係でペア割は自然に決まり
変な船に陽動をしかける組と
さらにその奥に見える怪しい霧への潜入組に別れ・・・

陽動組が陽動なんてレベルじゃなく大暴れ
怪しい飛行物体だと大砲を出してきた船員を見つけるや否や
上空1500mから大砲へレーザーの雨
当然アモ誘爆でどかん、船体に大穴

そんじゃあ偉い奴を抑えて情報を引き出そうかと艦橋へ乗り込むと
船長に化け物扱いされ閉じ込められ
「なんとか脱出路を作らねば」
と外側から全力レーザーで穴を開ければ
巻き込まれた船長の身体真っ二つ

1分も経たないうちに船壊滅
(GMのロールの結果)乗組員たち全員死亡


そんな通信機から流れる状況に呆然とする潜入組の私たち

なんていうか・・・そう
二人で顔をあわせて頷きあい「なかったこと」にして
迂回をやめて目的地へ到着

すぐに「何事もなかったかのように」陽動組二人も追いつき
灯りが落ち、無人の様子の研究所へ・・・


丁度タイミング良く(?)作業員っぽい死体があったりしたので
霊媒能力を使いそこで起きたことを知る私たち

建物の外では怪しい紫の雲が渦を巻き圧迫感が増してくる・・・


そんなこんなで元凶を突き詰め、無事退治を果たした私たち
依頼主たちの(隠された損得勘定の絡んだ)思惑通り
ってわけにはならなかったようだけど
そんなこと私たちの知ったことじゃない

世のために人のため立派に戦って
たくさんのお酒とバナナを手に入れましたとさ

めでたしめでたし



そしていつものようにご飯食べてだべって解散

皆様お疲れ様でした
楽しく遊べてよかったよかった、ふへへへへへ
posted by らい-う at 22:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG・ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック